住宅ローンの審査をとおる①

分譲マンションを購入したり、新しく住宅を建てたり、立て替えるなどそれらを購入する資金が必要ですね。
全て自己資金で賄える方は別ですが、ほとんどの方は住宅ローンなど借入をして購入される場合が多いのではないでしょうか。

その金利が低くなった住宅ローンですが、それを借りる条件等はどのようなものがあるのでしょうか。

それでは銀行を通じて借入をする住宅ローンの借入条件とは、その審査内容はどのようなものでしょう。

いくつかその審査の内容があるようなのでしょう介しましょう。

○年収
よく見られるのが返済負担率というものです。
返済負担率とは住宅ローンの年間返済額を年収で割ったものとなります。
銀行などは、一般的にこの返済負担率の幅を25%から40%以内と見ているようです。
中には30%が目安ともいわれているようです。

仮にある人の年収が500万円だとします。
住宅ローンの返済額が月平均で125,000円だとしましょう。この場合返済負担率は30%となるので、基準内ということになるようです。

○年齢によるもの
これは借入時の年齢と借入完済時の年齢が条件となります。
通常住宅ローンの借入年齢は、20歳以上70歳までとなっているようです。
完済時年齢は一般的に80歳までとなっているようです。

これはあくまで目安なので、借入をする人の他の条件等と照らし合わせて検討されているようです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 住宅マニアが語る、住宅の今・昔・これから All Rights Reserved.