日本式住宅のよさ

昔から日本の住宅は、四季の変化を取り入れ、色んな工夫を施した住宅として評価されています。
日本の住宅は木を基本とした伝統の木材住宅が主流です。

夏は涼しく冬は熱を逃がさない工夫など、日本が歴史の中で生んだ独特の家屋が生まれました。
伝統的な日本の家屋の特徴は、その魅力とはどのようなものでしょう。

○屋根の庇(ひさし)がとても長く、日焼けとか雨などの入り込みを防ぐといった工夫が施されている
さらに部屋の外廻りには縁側があって、夏の直射日光がほとんど部屋に入らないような作りもされています。

○ふすまなどを開けると、部屋と部屋が繋がり、家全体の風通しがとてもよくなり、湿気なども発生しにくくなります。

○竹を格子状に編み、その上に土を塗る土壁は調湿性能、蓄熱性能があり、夏は涼しく、冬はその蓄熱効果により暖かいといったメリットがあります。

○庭などとの調和を重んじ、空間を与えることで風の通りをよくしたり、見た目の涼しさなどを演出しています。

○床下も風通しをよくしており、家屋自体が常に呼吸できるなど、創意工夫を施しています。

などが上げられ、再びその良さが見直されています。

特に土壁の家が全国で注目となり、多くの工務店が自社の特徴としてPRしています。
若干費用はかかるようですが、土壁の家はとても魅力的ですね。
土壁の意外なメリットとして耐震性能も高いそうです。

この日本伝統の木材住宅が見直され、その技術を取り入れた工法などが導入されているのは、一生で一番大きな買い物だけにその質が向上するのはよいことだと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 住宅マニアが語る、住宅の今・昔・これから All Rights Reserved.